カテゴリー別商品
並び順を変更 ■おすすめ順  ■価格順  ■新着順
全 [87] 商品中 [1-30] 商品を表示しています。 ■次ページへ
備前焼筒一輪差 圭秀窯 作

9,180円(税680円)

 備前焼の花入れは活けやすく、花持ちが良い。これは筒花入で圭秀窯らしい作風の作品だ。
備前焼耳付花入 乗松 建行 作

27,000円(税2,000円)

 備前焼の花入れは活けやすく、花持ちが良い。これは耳付花入れで正面のへこみや形が作者らしい造形だ。
備前焼耳付蕪花入 伊勢崎 卓 作

27,000円(税2,000円)

 備前焼の花入れは活けやすく、花持ちが良い。これは耳付蕪花入れで伊勢崎家らしい作風と素朴な焼き上がりが作者らしい。
備前焼耳付一輪挿 森 丁斎 作

21,600円(税1,600円)

 備前焼の花瓶は活けやすく、花持が長持ちし良い。これは小花瓶で、独特の土味と焼き上がりが作者ならでわだ。
備前焼耳付一輪挿 森 丁斎 作

21,600円(税1,600円)

 備前焼の花入れは活けやすく、花持ちが良い。これは作者独特の土味と胡麻と造形の一輪花入れ。
沖縄壷屋焼(壺屋焼)魚絵抱瓶特大 金城 敏男 作

32,400円(税2,400円)

 壷屋焼の名門金城窯の素朴な魚の線彫りを施した壷屋焼独特の形した抱瓶(だちびん)の特大版で迫力のある作品。
備前焼辣韮花入 伊勢崎 創 作

15,120円(税1,120円)

 備前焼の花入れは活けやすく、花持ちが良い。これは備前では珍しい穴窯焼成の作品。
備前焼手桶花入 乗松 建行 作

27,000円(税2,000円)

 備前焼の花入れは活けやすく、花持ちが良い。これは全体に作者らしい造形で渋い焼きの作品。
備前焼辣韮花入 山下 譲治 作

19,440円(税1,440円)

 備前焼の花入れは活けやすく、花持ちが良い。これは伝統的ならっきょ形花入れで口元が作者らしい。
備前焼累座一輪花入 乗松 建行 作

30,240円(税2,240円)

 備前焼の花入れは活けやすく、花持ちが良い。これは全体に作者のこだわりの一端をよく現している作品で焼きも良い。
備前焼瓢一輪挿 乗松 建行 作

27,000円(税2,000円)

 備前焼の花入れは活けやすく、花持ちが良い。これは口元に作者のこだわりの一端をよく現している作品で焼きも良い。
備前焼耳付花入 伊勢崎 創 作

27,000円(税2,000円)

 備前焼の花入は活けやすく、花持ちが良く、水が腐りにくいと言われている。これは作者の作風がよくでている作品で焼きも土味もなかなか良い。
南蛮手花入 横山 欣次 作

16,200円(税1,200円)

船により南方より伝わったと言われる南蛮焼の歴史は古く民芸のルーツをなすやきものの一つで素朴で実用的なものが多い。
志野花入 小林 武春 作

32,400円(税2,400円)

 志野の響きはとても優しいが作者の志野は優しい中にも荒々しい生命力がある。
備前焼窯変掛花入 山下 譲治 作

30,240円(税2,240円)

 備前焼の花入れは生けやすく花持ちが良く、水が腐りにくいといわれている。これは壷型の窯変掛け花入。
備前焼耳付一輪差 山下 譲治 作

23,760円(税1,760円)

 備前焼の花入れは生けやすく花持ちが良く、水が腐りにくいといわれている。これは作者ならではのしのぎ流線文の窯変の徳利一輪差し。
備前焼三角花入 末石 泰節 作

37,800円(税2,800円)

 備前焼の花入れは生けやすく花持ちが良く、水が腐りにくいといわれている。これは備前では一番格式が高い鶴首花入れで土味が素晴らしい。
鼠志野手桶花入 小林 武春 作

37,800円(税2,800円)

 作者独特の勢いのある鼠志野は春の雪解けを思わせる『残雪志野』と命名される。作者の志野に対する強い思いがよく伝わる作品の一つです。
備前焼手付一輪差 山下 譲治 作

9,720円(税720円)

 備前焼の花入れは生けやすく花持ちが良く、水が腐りにくいといわれている。
備前焼手付一輪差 山下 譲治 作

9,720円(税720円)

 備前焼の花入れは生けやすく花持ちが良く、水が腐りにくいといわれている。
備前焼一声一輪差 山下 譲治 作

12,960円(税960円)

 備前焼の花入れは生けやすく花持ちが良く、水が腐りにくいといわれている。
備前焼緋襷らっきょ花入 山下 譲治 作

16,200円(税1,200円)

 備前焼の花入れは生けやすく花持ちが良く、水が腐りにくいといわれている。
備前焼瓢花入 伊勢崎 紳 作

16,200円(税1,200円)

 備前焼の花入れは生けやすく花持ちが良く、水が腐りにくいといわれている。
備前焼耳付花入 伊勢崎 紳 作

32,400円(税2,400円)

 備前焼を代表する花入と言えばやはりこれ、耳付花入だ。
備前焼瓢一輪差 横山 伸一 作

32,400円(税2,400円)

 ひょうたんを模したこの花入れは職人芸の技の見せ所、繊細な造形が魅力。
萩焼白釉四方花入 椋原 佳俊 作

16,200円(税1,200円)

 品格のある白萩の四方花瓶、素朴だが洗練された形に歴史を感じる。
長島萬古輪韻文花器 久村 俊英 作

16,200円(税1,200円)

 温泉の郷、長島をイメージして生まれた広がる水の輪を現す輪韻文とその造形は面白い。
鼠志野花入 小林 武春 作

27,000円(税2,000円)

 残雪志野と言われる作者独特の鼠志野は岩山に見立てた花入れによく似合う。
伊勢民芸鉄釉花瓶 川西 泰二郎 作

8,640円(税640円)

 伊勢民芸の呉須にこだわる作者が作る鉄釉花瓶、素朴さが魅力。
練上手面取花入 八木 秀夫 作

12,960円(税960円)

 色の違う土を重ね、練り上げた自然な模様が無施釉の地肌にとてもよく似合う。
全 [87] 商品中 [1-30] 商品を表示しています。 ■次ページへ