カテゴリー別商品
並び順を変更 ■おすすめ順  ■価格順  ■新着順
全 [52] 商品中 [1-30] 商品を表示しています。 ■次ページへ
備前焼くるみ鉢 山下 有仁 作

1,100円(税100円)

 これはくるみ形小鉢で、割り口の様な自然な口造りや中央のダボと胡麻色が見所の作品。
備前焼くるみ鉢 山下 有仁 作

1,100円(税100円)

 これはくるみ形小鉢で、割り口の様な自然な口造りや中央のダボと胡麻色が見所の作品。
備前焼くるみ鉢 山下 有仁 作

1,100円(税100円)

 これはくるみ形小鉢で、割り口の様な自然な口造りや中央のダボと胡麻色が見所の作品。
備前焼小蛤皿 山下 有仁 作

1,100円(税100円)

 これは蛤形小皿で、中央のダボと胡麻色が見所の作品。
備前焼小蛤皿 山下 有仁 作

1,100円(税100円)

 これは蛤形小皿で、中央のダボと胡麻色が見所の作品。
備前焼小蛤皿 山下 有仁 作

1,100円(税100円)

 これは蛤形小皿で、中央のダボと胡麻色が見所の作品。
備前焼小蛤皿 山下 有仁 作

1,100円(税100円)

 これは蛤形小皿で、中央のダボと胡麻色が見所の作品。
越前焼足付三角皿 伊東 俊治 作

1,760円(税160円)

 越前焼にも色々あり、これは釉薬を掛けたもの、素朴な土味が越前を語る。
備前焼四方皿 山下 有仁 作

2,640円(税240円)

 これは四方タタキ小皿で、中央のダボと胡麻色が見所の作品。
粉引掻落鉢 坂口 久司 作

3,080円(税280円)

 粉引器にこだわり続ける作者は独特の粉引スタイルを編み出した。
萩焼御本手飯碗 喜村 皓司 作

3,080円(税280円)

 これは御本と言われる白赤の斑点模様が現れた萩焼飯碗の作品。
萩焼御本手飯碗 喜村 皓司 作

3,080円(税280円)

 これは御本と言われる白赤の斑点模様が現れた萩焼飯碗の作品。
萩焼御本手飯碗 喜村 皓司 作

3,080円(税280円)

 これは御本と言われる白赤の斑点模様が現れた萩焼飯碗の作品。
萩焼御本手飯碗 喜村 皓司 作

3,080円(税280円)

 これは御本と言われる白赤の斑点模様が現れた萩焼飯碗の作品。
萩焼御本手飯碗 喜村 皓司 作

3,080円(税280円)

 これは御本と言われる白赤の斑点模様が現れた萩焼飯碗の作品。
備前焼蕎猪口 伊勢崎 紳 作

3,300円(税300円)

 備前焼は冷たさ、温かさも保ちます。お汁もおいしく感じるのではないでしょうか。
備前焼飯碗 伊勢崎 紳 作

3,300円(税300円)

 備前焼は料理の盛りつけを引き立てる。よく言われる話です。備前焼は使えば使うほど魅力的でしかも丈夫で長持ちします。これは内に緋襷が鮮やかに出た飯椀で、使って行くうちの色の変化が楽しみな作品。
萩焼飯碗 椋原 佳俊 作

3,520円(税320円)

 萩焼は土と釉薬の組み合わせにより様々な景色に変化する奥が深い焼き物です。日常の器で萩焼の魅力を味わうのに最適。
萩焼白釉かいらぎ飯碗 椋原 佳俊 作

3,520円(税320円)

 萩焼は土と釉薬の組み合わせにより様々な景色に変化する奥が深い焼き物です。日常の器で萩焼の魅力を味わうのに最適。
織部面取長皿 山本 一仁 作

3,740円(税340円)

 織部は自然な緑色が決めて、荒い土味にモスグリーンのコントラストが魅力。
備前焼長方小皿 伊勢崎 紳 作

3,850円(税350円)

 備前焼は料理の盛りつけを引き立てる。よく言われる話です。また、備前焼は使えば使うほど魅力的でしかも丈夫で長持ちします。これは中央にダボ痕がある全体的に胡麻も良くかかった落ち着いた焼色の長方皿で鮎皿と命名され、長めの魚をのせるのに最適。
備前焼長方小皿 伊勢崎 紳 作

3,850円(税350円)

 備前焼は料理の盛りつけを引き立てる。よく言われる話です。また、備前焼は使えば使うほど魅力的でしかも丈夫で長持ちします。これは中央にダボ痕がある全体的に胡麻も良くかかった落ち着いた焼色の長方皿で鮎皿と命名され、長めの魚をのせるのに最適。
備前焼長方小皿 伊勢崎 紳 作

3,850円(税350円)

 備前焼は料理の盛りつけを引き立てる。よく言われる話です。また、備前焼は使えば使うほど魅力的でしかも丈夫で長持ちします。これは中央にダボ痕がある全体的に胡麻も良くかかった落ち着いた焼色の長方皿で鮎皿と命名され、長めの魚をのせるのに最適。
備前焼長方小皿 伊勢崎 紳 作

3,850円(税350円)

 備前焼は料理の盛りつけを引き立てる。よく言われる話です。また、備前焼は使えば使うほど魅力的でしかも丈夫で長持ちします。これは中央にダボ痕がある全体的に胡麻も良くかかった落ち着いた焼色の長方皿で鮎皿と命名され、長めの魚をのせるのに最適。
備前焼碗 山下 譲治 作

4,400円(税400円)

 これは少し小振りの飯茶碗で、緋襷が字やけに出ているの作品。
備前焼碗 山下 譲治 作

4,400円(税400円)

 これは少し小振りの飯茶碗で、備前土の味わいが感じられる作品。
備前焼輪花皿 乗松 建行 作

6,050円(税550円)

 備前焼は料理の盛りつけを引き立てる。よく言われる話です。また、備前焼は使えば使うほど魅力的に変化します。これは平向付として使える面白いデザインの皿。
備前焼鮎皿 伊勢崎 紳 作

6,050円(税550円)

 これは中央にダボ痕がある全体的に胡麻も良くかかった落ち着いた焼色の長方皿で鮎皿と命名され、長めの魚をのせるのに最適。
益子焼糠釉高坏形大皿 福田 晴夫 作

6,600円(税600円)

 丈夫で安価で大衆的。これが民芸の基本です。益子は民芸の聖地、伝説の地でもある。これは台付きぬか釉大皿。
白萩焼かいらぎ中皿 椋原 佳俊 作

6,600円(税600円)

 降雪を思わせる白釉かいらぎは茶心溢れる萩焼らしい皿です。茶菓子に最適。
全 [52] 商品中 [1-30] 商品を表示しています。 ■次ページへ